アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

へびのクリクター」 ビッケビッケさんの声

へびのクリクター 作・絵:トミー・ウンゲラー
訳:中野 完二
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1974年03月
ISBN:9784579400997
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,225
みんなの声 総数 61
  • この絵本のレビューを書く
  • へび嫌いの私でも・・・

    舞台はフランスです。ボドさんというとっても上品なマダムのところに、息子さんから大蛇(ボア)の贈り物が届くのです。よくヨーロッパのマダムが競馬やオペラを見るとき、手に持つめがねを持ってますよね、ボドさんという人は、まさにあれを持っているようなマダムなんです。そんなお人とボアのクリクターが、とっても仲良くなって、ボドさんは長いセーターを編んであげたり、一緒にカフェに行ったり。この一見ありえない組み合わせが、とてもユーモアあふれてステキです。

    とにかく絵がおしゃれ。トミー・ウンゲラーは「すてきな3にんぐみ」なども描いている人。(そういえば、「へびのクリクター」にも泥棒出てきます。泥棒ネタ(^_^;)が好きなのかも)古き良きフランスの描写がおしゃれ。ボドさんの勤める学校の教室にも、おしゃれなストーブや丸い照明があったり、おまわりさんもとてもダンディー。マドレーヌシリーズが好きな人はきっと気に入るでしょう。

    うちの子供は、クリクターが身をくねらせて数字になったりアルファベットになるところに興味しんしん。「骨折れないのかな〜」と心配していました。でも、「クリクターだったら、プレゼントにもらってもいい?」と聞いたら、困った顔で「ちょっとどうしようかな・・・」と困惑していました(〜_〜;)

    投稿日:2006/03/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「へびのクリクター」のみんなの声を見る

「へびのクリクター」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット