日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作・絵: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
みっとーさん 30代・ママ

とてもいい絵本でした
8月に保育所で紹介されていた絵本です。…

へびのクリクター」 ルートビアさんの声

へびのクリクター 作・絵:トミー・ウンゲラー
訳:中野 完二
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1974年03月
ISBN:9784579400997
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,223
みんなの声 総数 61
  • この絵本のレビューを書く
  • 友達になりたいよね!

    この本読んでいて。
    ムム、もしかして…と思い、奥付を見てみると、
    やっぱり初版1974年でした。
    というのは、すこーし文章が昔風の堅い文字が出てくるのです。
    「おしいった」とか…
    そこがかえって新鮮で面白い。
    ずいぶん長いこと愛されている作品なのですよね。
    でも、長い間絶版にならず、人々に愛される作品は、それ相応の理由があります。

    この絵本、へびという、正直嫌われ者の部類に入る動物が主人公。
    けれど、なんとなくおかしみをかんじます。
    ボドさんが、ミルクをあげたり、セーターを用意してあげたり、長い長いベッドを用意するところもチャーミング。
    学校に連れて行って、勉強したり、遊んだり。
    これは、子供たちが目をキラキラさせるのではないでしょうか。
    こんなお友達がいたら、いいですよね!

    母的には、クリクターの銅像が渋くていいです。
    クリクター、かっこいいじゃないの!

    投稿日:2006/07/22

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「へびのクリクター」のみんなの声を見る

「へびのクリクター」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『まなべる おかねとしゃかい』監修:あんびるえつこさん、Z会編集:七五三恭世さんインタビュー

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット