しろうさちゃんとおねえちゃんの かえりみち しろうさちゃんとおねえちゃんの かえりみち
作・絵: 田島かおり  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
はずかしがりやのしろうさちゃんは、おねえちゃんと一緒に影ふみ遊びをして帰ります。きょうだいのやりとりに心あたたまる絵本。

へびのクリクター」 ムースさんの声

へびのクリクター 作・絵:トミー・ウンゲラー
訳:中野 完二
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1974年03月
ISBN:9784579400997
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,225
みんなの声 総数 61
  • この絵本のレビューを書く
  • 人気者へびくん大活躍!

    • ムースさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子8歳、女の子3歳

     この中心キャラクターが犬であったり猫であったりしたら、このお話はごく普通になっているでしょう。と言うわけで、ルイーズ・ボドさんがブラジルに住む息子から誕生日に贈られたプレゼントは、ボア・コンストリクターという毒の無いへびでした。クリクターと名づけられたへびくんは、ボドさんに本当の子供のように可愛がられ育ちます。ボドさんは学校の先生なので、クリクターは一緒に学校へ行き、子供たちの間でも人気者になりました。さて、ある日、ボドさんの家にどろぼうが入り、騒動が起こります…。
     ペットとして人間の生活を一緒に楽しむクリクターの姿がとても愉快。また、ボドさんのクリクターを育てる姿もユーモラスです。愛嬌のあるクリクターの表情がちょっと漫画チックで、読者にも親しみやすいと思います。おもしろいお話の好きなお子さんにおすすめです。

    投稿日:2002/11/19

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「へびのクリクター」のみんなの声を見る

「へびのクリクター」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット