しろうさちゃんとおねえちゃんの かえりみち しろうさちゃんとおねえちゃんの かえりみち
作・絵: 田島かおり  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
はずかしがりやのしろうさちゃんは、おねえちゃんと一緒に影ふみ遊びをして帰ります。きょうだいのやりとりに心あたたまる絵本。

もしもねずみをえいがにつれていくと」 ムースさんの声

もしもねずみをえいがにつれていくと 作:ローラ・ジョフィ・ニューメロフ
絵:フェリシア・ボンド
訳:青山 南
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:2000年11月15日
ISBN:9784265066445
評価スコア 4.32
評価ランキング 16,436
みんなの声 総数 18
「もしもねずみをえいがにつれていくと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 今度はクリスマスのねずみくんです。

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子9歳、女の子4歳

     息子の好きな「もしも」シリーズ。今度はクリスマス期のお話です。中表紙、男の子が古い手袋を切って、ねずみに小さなミトンと帽子を作ってあげている場面からお話は始まります。「もしも、ねずみを映画に連れて行くと……、きっとポップコーンをくれ、という」。ねずみはその赤い暖かいミトンと帽子をつけています、可愛いなー。「ポップコーンを買ってあげると、たぶん、ひもでつなぎたがる。そして、それをクリスマス・ツリーに飾りたがる」となり、お話は一気にクリスマス気分いっぱいの展開に。
     クリスマスシーズンのお話は、愉快で楽しく、あるいは清らかで温かく、個人的に大好きです。これもそんなお気に入りになりそうな一冊。息子は案の定、ねずみのクリスマス飾り作りに奮闘する姿が好きだったみたい。グリッターでキラキラさせているところが、とても子供らしくて愛しいです。なぜかこの絵本のねずみは、最初のシリーズのねずみより可愛く見えます。クリスマスの色(赤と緑)のせいなのでしょうか。クリスマスプレゼントにもぴったりの作品ですね。
     このシリーズで未読なのは『もしも、ねずみを学校につれていくと』。息子は「読みたいー」と体を躍らせていました。

    投稿日:2003/10/19

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「もしもねずみをえいがにつれていくと」のみんなの声を見る

「もしもねずみをえいがにつれていくと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / からすのパンやさん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / わたしのワンピース / バムとケロのそらのたび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット