わたしたちのえほん わたしたちのえほん
文: 南谷 佳世 絵: 大畑 いくの  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
交錯する二つの物語。あなたにとっての「わたしたちのえほん」はなんですか?

ネコとクラリネットふき」 レイラさんの声

ネコとクラリネットふき 作・絵:岡田 淳
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年
ISBN:9784906379583
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,395
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く
  • クラリネットの音色の奇跡

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子12歳

    音楽をテーマに絵本を探していたのですが、
    なかなかなくて困っていたところに「クラリネット」の文字が目に入り
    ラッキー!
    しかも「こそあどの森の物語」シリーズで、
    岡田淳さんのファンタジーの世界が素敵だったので、セレクト。
    予想通り、ふんわりとした読後感のお話でした。
    ぼくの部屋に突然現れたネコ。
    ミルクや魚は食べないのに、クラリネットの音色を聞くと大きくなっていくのです!
    それも半端じゃありません。
    家を壊すくらいの・・・・。
    でもぼくはネコの背中に住んで旅をすることに!?
    ふわふわしたネコの毛並みを実感してしまいます。
    なるほどクラリネットの音色なら、そんなことも起きるかも。
    それに、なんてスローな人生。
    岡田さんの絵もなんともその雰囲気にマッチしていて、楽しいです。
    こちらまで、ゆったりとした気分になれますよ。
    読み終わったら、是非、本物のクラリネットの音色を聞いてほしいです。

    投稿日:2008/11/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ネコとクラリネットふき」のみんなの声を見る

「ネコとクラリネットふき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / バムとケロのさむいあさ / バムとケロのそらのたび / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / めっきらもっきらどおんどん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット