たぬきのひみつ たぬきのひみつ たぬきのひみつの試し読みができます!
作・絵: 加藤 休ミ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
YouTubeにて動画配信中!3/25〜MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店にて原画展開催!
にぎりすしさん 60代・その他の方

たこやきの おへそ いいね〜  ひみつ…
だれにも いっちゃいけないよ たぬき…

ゆきがふりはじめたら」 レイラさんの声

ゆきがふりはじめたら 作:フィリス・ゲイシャイトー
絵:マーティン・マティア
訳:小池 昌代
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2001年
ISBN:9784062621809
評価スコア 4.3
評価ランキング 16,631
みんなの声 総数 9
「ゆきがふりはじめたら」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 動物たちと雪

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    詩のような文章です。
    やはり洗練された訳文だからでしょうか。
    とても耳に心地良いのです。
    「ゆきがふりはじめたらどうする?
    きみはなにをするの?
    そしてどこへいくの?」
    ほらね。
    すっと感覚が研ぎ澄まされます。
    いろんな動物たちがそれぞれ個性的な行動を取ります。
    雪の中での、生き物たちの生態が伝わってきます。
    雪の静寂の中、聞こえてくる気配や音が感じられるのです。
    ラストに向けては、深い雪に応じて冬眠へ。
    雪の存在感が素敵です。
    それと対比するように、「ぼく」の雪に対する想いが鮮やかです。
    不思議な余韻の残る読後感でした。

    投稿日:2012/02/17

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ゆきがふりはじめたら」のみんなの声を見る

「ゆきがふりはじめたら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / くだもの / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『まなべる おかねとしゃかい』監修:あんびるえつこさん、Z会編集:七五三恭世さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット