わたしたちのえほん わたしたちのえほん
文: 南谷 佳世 絵: 大畑 いくの  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
交錯する二つの物語。あなたにとっての「わたしたちのえほん」はなんですか?

ぶた」 金のりんごさんの声

ぶた 作・絵:ユリア・ヴォリ
訳:森下 圭子
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784894232914
評価スコア 3.82
評価ランキング 36,941
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く
  • これは絶対大人の絵本

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    『3匹のこぶた』のパロディー版を追いかけているので、ぶたやおおかみの絵本に、よく目が行ってしまいます。
    この本のことはナビで知ったのですが、物凄くインパクトのある表紙だったので、図書館で予約してワクワクして手に取りました。
    強烈な個性のぶたの話ではないかと勝手に想像していましたが、主人公のぶた自身は、案外普通の一般的な(?)ぶたでした。

    それよりも目を引くのは、この本の形態です。
    なにやらぶたの独り言を漫画風に描いています。
    独り言の内容は、100%大人向き。これ、絵本という形をとっているものの、子どもの本という分類には入らないのではないかと思います。
    実際借りた本には、「ヤングアダルト」のラベルがついていました。
    悩める大人には、なかなか良い清涼剤になりそうな本かもしれません。

    でも、コマワリをしていない漫画という感じなので、どういう順に読めばいいのかわからないものが時々あり、要らぬ力を使わせられるような気がしました。
    エピソードの数も多いので、読むのに疲れてしまいました。
    面白いとは思いますが、評価は難しいですね。

    投稿日:2007/04/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぶた」のみんなの声を見る

「ぶた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / はじめてのおつかい / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(27人)

絵本の評価(3.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット