まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ともだちくるかな」 多夢さんの声

ともだちくるかな 作:内田 麟太郎
絵:降矢 なな
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1999年02月
ISBN:9784032049206
評価スコア 4.79
評価ランキング 389
みんなの声 総数 112
  • この絵本のレビューを書く
  • 「じぃ〜ん」と感動!!

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子6歳

    「ともだちや」シリーズの2作目になります。
    今回のお話は、誕生日を1日間違えてしまったオオカミが寂しくなってしまい、心を追い出してしまったというお話。

    我が家では、「あしたもともだち」「ともだちや」に続く3作目になります。
    オオカミは、友達になったばかりのキツネが、自分の誕生日には必ずお祝いにきてくれると思っていたのに来てくれない。(まぁ、自分の誕生日を間違えているのですからしかたありませんが・・・)
    寂しくて、悲しくて、とうとう心を捨ててしまいました。
    そこへ、バースデーケーキを頭に乗せ、花束とプレゼントを両手に持ってきたキツネ。
    心配するキツネの一言で、オオカミはまた心を取り戻すことができました。

    オオカミとキツネが抱き合って泣く姿は感動しました。
    ウルウルきて、本当に友達っていいなぁと感じる場面ですね。

    オオカミの性格や行動、心の動きが実によくわかりやすくて、情感たっぷりに描かれている絵が、この世界をよりいっそう魅力的なものにしています。

    子供が感動するというよりも、大人が子供に是非読み聞かせたいと思う絵本です。

    投稿日:2006/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ともだちくるかな」のみんなの声を見る

「ともだちくるかな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『まなべる おかねとしゃかい』監修:あんびるえつこさん、Z会編集:七五三恭世さんインタビュー

みんなの声(112人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット