オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ぼんぬさん 40代・ママ

売れっ子俳優オオイシさん!
大きな石のオオイシさんは、すもう部屋で…

ともだちくるかな」 てんぐざるさんの声

ともだちくるかな 作:内田 麟太郎
絵:降矢 なな
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1999年02月
ISBN:9784032049206
評価スコア 4.79
評価ランキング 389
みんなの声 総数 112
  • この絵本のレビューを書く
  • ここに出てくるオオカミは、一見強くて、ニヒルで、ちょっと意地悪ぶっているけど、ほんとは心のナイーブな、優しいやつ。さらに、うっかりもの(おちょこちょいとか、早とちりともいう)である。
    自分の誕生日を一日早いと勘違いして、1人舞い上がっています。ところが、誰も、お祝にこない。(当然です。日にちが違うんだから)
    あんまり悲しくて、悲しくて、とうとう心を捨ててしまいました。
    「こころなんか、いらないぞーっ」って。
    そのすぐ後で、やっとオオカミを探し出したキツネが、お誕生祝いにやってきます。
    ちっとも喜ばないオオカミに、キツネは聞きます。
    「じゃ、これから うれしい日は いちども こないんだね」この時のイラストの手法がすごい!
    大きなオオカミの顔が一面に描いてあって、その目玉の中に、キツネの心配そうな顔が(右目と左目に)2つ映ってる。オオカミの気持ちとキツネの気持ちがものすごく出てるって、感じ。
    結局、この言葉で、心を取り戻したオオカミ。
    一日、キツネのとたっぷり遊んで、幸せそうに眠りにつきました。よかったね。オオカミ。
    このシリーズは、ナレーションというか、進行役みたいな語り役で、いつもミミズクじいさんが出てきます。
    このじいさんの「締め」の言葉が、すごく好きです。

    投稿日:2003/03/02

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ともだちくるかな」のみんなの声を見る

「ともだちくるかな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(112人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット