なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

ルラルさんのえほん(1) ルラルさんのにわ」 サラミさんの声

ルラルさんのえほん(1) ルラルさんのにわ 作:いとう ひろし
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784591069424
評価スコア 4.45
評価ランキング 9,172
みんなの声 総数 121
  • この絵本のレビューを書く
  • ガラ悪いんだけど、いい味だしてるワニ

    • サラミさん
    • 20代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子3歳

    なんといっても特筆すべきは、子供からものすごーく遠い存在である「気難しくて一人暮らしのおじさん」が主人公だということ。そして、なのにおもしろくて引き込まれてしまうお話だということです。
    庭と芝生を心から愛し、...というかそれ以外のものに愛情を抱くことさえない変わり者、ルラルさん。でもある日、その庭にワニが現れ、ねそべりながら言うのです、「おっちゃん、ここにねそべってみなよ。きもちいいぜー。ちくちくするのがやめられないぜ」。
    子供を対象にしたものである、という前提に存在する絵本に、こともあろうに「おっちゃん」とは!!もうびっくりして、大笑いしてしまいます。そんな型破りなところがこの絵本の魅力です。
    なんていうか、第一印象がこわかったりやな感じな人って案外自分のまったく知らなかった価値観を教えてくれたり、いい友達になれたりってこと、よくありますよね。そういう感じをうまく伝えてくれる絵本です。娘もうまく回らない舌で「るらるさん、るらるさん」と一生懸命言って喜んで聞いていました。

    投稿日:2004/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ルラルさんのえほん(1) ルラルさんのにわ」のみんなの声を見る

「ルラルさんのえほん(1) ルラルさんのにわ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おおきなかぶ / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

全ページためしよみ
年齢別絵本セット