たぬきのひみつ たぬきのひみつ たぬきのひみつの試し読みができます!
作・絵: 加藤 休ミ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
YouTubeにて動画配信中!3/25〜MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店にて原画展開催!
にぎりすしさん 60代・その他の方

たこやきの おへそ いいね〜  ひみつ…
だれにも いっちゃいけないよ たぬき…

とんとんとんのこもりうた」 はなびやさんの声

とんとんとんのこもりうた 作・絵:いもと ようこ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,480+税
発行日:1999年07月
ISBN:9784062098069
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,870
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く
  • お母さんの優しさに包まれているような

    実話が元になったお話だそうです。

    赤ちゃんを産んだくろうさぎが、おっぱいを飲ませると穴をふさいで森に帰っていきます。読んだ時、あとがきを読んでいなかったので、何か理由があってなのかな?たとえばエサを採りにとか他の巣を作りにとか理由を考えました。

    うさぎの話ですが、子どもを置いていかなくてはいけない母親の気持ち、そして待っている赤ちゃんの気持ち、その両方を考えると切なくなりました。

    穴をふさぎながら、うさぎは、まず赤ちゃんの安全を考え、待っててねという思いを込めているのでしょうね。「とんとんとん」とこもりうたを歌いながら穴をふさぐのです。いもとようこの絵本には、切ないという感情を想起させるものが多いですが、この絵本もそうです。

    切ないけれど、ラストは明るくおわるので、ほっとしました。読んだ後、お母さんの優しさに包まれているような気持ちになりました。

    投稿日:2008/01/18

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「とんとんとんのこもりうた」のみんなの声を見る

「とんとんとんのこもりうた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / だるまさんが / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット