しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

とんとんとんのこもりうた」 モペットさんの声

とんとんとんのこもりうた 作・絵:いもと ようこ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,480+税
発行日:1999年07月
ISBN:9784062098069
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,873
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く
  • あまみのくろうさぎ

    • モペットさん
    • 20代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、男の子3歳

    【奄美のくろうさぎ】のお話。1000万年も前から生き続けている奇跡のうさぎなんだそうです。その【くろうさぎ】が子供を生み、育てていく様子を描いたのがこの本です。
    山の奥の巣穴で子供を生んだ【くろうさぎ】のお母さんは、おっぱいを飲ませた後、赤ちゃんを残して森へ帰って行きます。目を覚ました赤ちゃんは、お母さんがいない暗い巣穴で泣きながらまた眠っていきます。次の日、お母さんは戻ってきておっぱいを飲ませると、また森へ帰って行こうとします。それを引き止める赤ちゃん。でも連れては行けません・・・
    【くろうさぎ】は、それを2日に1度繰り返すんだそうです。
    この本は娘が4歳の頃に初めて読みました。「お母さんは何でいなくなっちゃうの?」「赤ちゃん可愛そう」と不思議そうでした。常に子供と一緒にいる私たち(人間)。私も【くろうさぎ】の”子育て”を完全には受け入れることができませんでした。でも【くろうさぎ】の親子の絆の強さや、生命力の強さには感動です。
    お話の深い部分まで理解するのは難しいかもしれませんが、4歳ぐらいでも大丈夫です。娘も「可愛そう」と言いながらも、何度も何度も繰り返し読んでいました。私たちの知らないところで、こんなにも強いいのちがあるということを、教えてあげられる一冊です。

    投稿日:2003/03/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「とんとんとんのこもりうた」のみんなの声を見る

「とんとんとんのこもりうた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / だるまさんが / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット