もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

さるのオズワルド」 アダム&デヴさんの声

さるのオズワルド 作:エゴン・マチーセン
訳:松岡 享子
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1998年3月
ISBN:9784772101462
評価スコア 4.19
評価ランキング 20,636
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く
  • 新学期 気が 重たげな お子さんに

     『あおい目のこねこ』のエゴン・マチーセンさんの作品です。

     左ページに文、右ページに絵というおなじみのスタイルです。

     詩のようなリズムがあって、すいすい読めます。
     どのページも最初の文の言い回しに、シャレのある言い間違いがあり、笑いを誘います。訳者さんは大変っだったろうなと思います。

     ストーリーは、さるの群れの中の事。
     ボスざるのいばり屋に、みな辟易しているのに…。

     オズワルドの、行動がボスざるを変えていくところが、痛快ですね。

     新学期が始まり、ちょっと苦手なクラスメイトとも生活していかなければならないこどもたち。
     気が重たげなお子さんに読んであげてはいかがでしょうか。
     きっと、二度目は自分で読むと思います。

     大人の社会では、嫌な事を「嫌だ!」とはっきりと言うことは、たくさんの軋轢を生みます。
     でも、幼い時は直球勝負で相手にぶつかって行くと、相手も幼く、こちらの心中に初めて気づき、あらためてくれる事も多々あるのではないでしょうか。

     息子も、「嫌だ!やめて!」をハッキッリいうことを学んだ一冊でした。

    投稿日:2009/08/24

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「さるのオズワルド」のみんなの声を見る

「さるのオズワルド」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / れんけつガッチャン / アイウエ動物園 1 モコモコちゃん家出する / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.19)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット