しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

さるのオズワルド」 はらぺこむしむしさんの声

さるのオズワルド 作:エゴン・マチーセン
訳:松岡 享子
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1998年3月
ISBN:9784772101462
評価スコア 4.19
評価ランキング 20,611
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く
  • 勇気をだして「いやだ!!」

    はじめは、翻訳した本で、言葉遊びをするなんて、何て無謀なんでしょう・・・と思って、読み進めました。
    毎ページ毎ページ、駄洒落のような言葉遊びがあるのです。
    たくさんの、言葉遊びのせいか、内容が、すんなり入ってこないもどかしさも感じました。

    でも、途中から、この本が、言葉遊びだけでなく、メッセージがある本だときづきました。
    いばりやのボスざるが本当に嫌なやつなのです。
    まるで、いじめを見ているかのよう、ちいさなサルたちは、ボスざるの言いなりです。
    でも、ある日、オズワルドが勇気を出して「いやだ」と叫ぶのです。すると、他のサルたちも声を挙げます。

    子供たちの世界の”いじめ”というものは、絵本のように単純ではないとは思いますが、勇気を出して、行動を起こしてみるというのは大切なことだと思います。
    幅広い年齢の子供たちに読んであげたい絵本です。

    投稿日:2007/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「さるのオズワルド」のみんなの声を見る

「さるのオズワルド」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / れんけつガッチャン / アイウエ動物園 1 モコモコちゃん家出する / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『まなべる おかねとしゃかい』監修:あんびるえつこさん、Z会編集:七五三恭世さんインタビュー

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.19)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット