しろうさちゃんとおねえちゃんの かえりみち しろうさちゃんとおねえちゃんの かえりみち
作・絵: 田島かおり  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
はずかしがりやのしろうさちゃんは、おねえちゃんと一緒に影ふみ遊びをして帰ります。きょうだいのやりとりに心あたたまる絵本。

おかえりなさいスポッティ」 やこちんさんの声

おかえりなさいスポッティ 作:マーグレット・E・レイ
絵:H.A.レイ
訳:中川 健蔵
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1984年09月16日
ISBN:9784579401932
評価スコア 4.21
評価ランキング 19,665
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く
  • 考えさせられる

    娘がおサルのジョージが大好きで
    作者の同じこの本を選びました。
    表紙のたくさんのうさぎさんがかわいらしく
    どんなに愉快な作品だろうと想像していたのですが
    とてもとても考えさせられる内容でした。

    きょうだいの中でひとりだけ容姿が違うスポッティ。
    スポッティがおじいさんに受け入れられないのではと考えたお母さんは
    スポッティにだけ留守番をさせるのです。
    「なんだこれっっっ!!」心の中で、
    私の中で、ものすごい感情の波がうねりました。
    これって、おじいさんをだしにして
    お母さんがスポッティを受け入れてないってことなんじゃないの?!
    女の人って、こうやって人のせいにしてかわすことで
    自分が傷つかないように守っているのだけれど
    それで誰かを傷つけていることに気づかないという人
    本当に多いです。
    特に、子育てにおいてこれをするのは最悪・・・。
    私の母がこの手の人だったので
    スポッティの気持ちをリアルに考えてしまいました。

    最後はみんなで仲良く大団円なんですけど
    一度傷ついた心は、元に戻らないような気がして
    その後を案じてしまうのでした・・。

    投稿日:2009/04/18

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おかえりなさいスポッティ」のみんなの声を見る

「おかえりなさいスポッティ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.21)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット