まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ぼくはねこのバーニーがだいすきだった」 みいここさんの声

ぼくはねこのバーニーがだいすきだった 作:ジュディス・ボ−スト
絵:エリック・ブレグバッド
訳:中村 妙子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1979年
ISBN:9784034250709
評価スコア 4.44
評価ランキング 9,567
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く
  • 命について考えるきっかけに

    小学2年生の教科書に推薦図書として紹介されていたので、図書館で借りてみました。
    ねこのバーニーが亡くなってしまうというところから始まる悲しいお話ですが、悲しさの中にもバーニーに対する愛情と家族の優しさが感じられる絵本だと思います。
    命について心について、小さい子でも理解しやすく、親子で考えるいいきっかけになりました。
    全ページモノクロで絵からも物静かで悲しさがあふれています。

    投稿日:2014/06/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくはねこのバーニーがだいすきだった」のみんなの声を見る

「ぼくはねこのバーニーがだいすきだった」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / だるまさんが / くっついた / きんぎょがにげた / いないいないばあ / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『まなべる おかねとしゃかい』監修:あんびるえつこさん、Z会編集:七五三恭世さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット