なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

のはらひめ おひめさま城のひみつ」 うららさんの声

のはらひめ おひめさま城のひみつ 作:なかがわ ちひろ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1995年
ISBN:9784198602994
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,438
みんなの声 総数 40
  • この絵本のレビューを書く
  • 本当に!と目をキラキラ☆

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    のはらひめ、なんとも素朴っぽいそれでいて可愛らしいタイトルです。
    絵のタッチもやさしく線が細かく繊細です。

    女の子はお姫様になりたいとおもっていました。
    女の子はお姫様になる為にお勉強をするお城に行くことになりました。
    お城ではおつきが6人もいて体をゴシゴシ洗われたり
    ものすごい数の衣裳から今日のドレスを選んで着替えをたり。

    どんな王子さまとも会話が出来るように、各国の言葉のお勉強。
    どの王子様がよりお金持ちか、知らなくては、と数字のお勉強。
    時には王子の助けのためにと戦うお勉強も。

    メルヘンと現実の間にあるようなこのお城でのお勉強は興味深いものばかり。

    娘は よだれをたらさないで、寝相も綺麗に何日も眠る訓練というのに惹かれていました。
    「これが出来たらいばらひめにも、白雪姫にもなれる」と
    描かれていたからです。
    「え?今のところ、もう一度読んで」
    「へ〜本当になれるんだぁ。」
    娘の中でも白雪姫やいばら姫は御伽噺と判っていた様なのですが
    このくだりを読んで「頑張ればなれるものなんだ」と解釈したようです。
    まだまだ子供ですね(笑)

    女の子の大好きなお姫様のストーリーを掘り下げたり、
    お姫様ってこんなにすごい人(?)なんだって考えたり
    今のプリンセスブームにはもってこいの絵本です。

    投稿日:2006/10/03

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「のはらひめ おひめさま城のひみつ」のみんなの声を見る

「のはらひめ おひめさま城のひみつ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おおきなかぶ / めっきらもっきらどおんどん / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット