なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
えほんのまわりさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

世界のお話傑作選 十二の月たち」 かよたさんの声

世界のお話傑作選 十二の月たち 文・絵:出久根 育
再話:ボジェナ・ニェムツォヴァー
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2008年12月
ISBN:9784039639004
評価スコア 4
評価ランキング 20,413
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く
  • 道徳的な教えと自然の厳しさ

    • かよたさん
    • 20代
    • その他の方
    • 東京都

    暗い色使いにもかかわらず、あたたかい雰囲気のする表紙に惹かれて、図書館で借りてきました。
    このイラストを描いたのは出久根育さん。ブラティスラヴァ世界絵本原画展にてグランプリを受賞したことがある方だそうです。

    継娘マルシュカがいじわるな母娘に無理難題を押し付けられるというスラブ民話。
    ある寒い冬の日、マルシュカは森でスミレを摘んでくるようにといいつけられます。山の頂上にはたき火を囲んで座る、12人の男たち。男たちの力を借り、マルシュカはスミレを摘んで家に帰りますが…。

    シンプルなお話ですが、その中に道徳的な教えや自然の厳しさが描かれています。分かりやすい内容なので、読み聞かせにもピッタリだと思います。

    掲載日:2011/08/18

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「世界のお話傑作選 十二の月たち」のみんなの声を見る

「世界のお話傑作選 十二の月たち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / かいじゅうたちのいるところ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ちょっとだけ / すてきな三にんぐみ / もこ もこもこ / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぞうのエルマー
    ぞうのエルマー
    作・絵:デビッド・マッキー 訳:きたむら さとし 出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    5月26日は、エルマーの日。まるで体がパッチワークみたいにカラフルな、ぞうのエルマーが活躍します。


20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 1
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット