たぬきのひみつ たぬきのひみつ たぬきのひみつの試し読みができます!
作・絵: 加藤 休ミ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
YouTubeにて動画配信中!3/25〜MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店にて原画展開催!
にぎりすしさん 60代・その他の方

たこやきの おへそ いいね〜  ひみつ…
だれにも いっちゃいけないよ たぬき…

ボタンのくに」 サラミさんの声

ボタンのくに 作:なかむら しげお
絵:西巻 茅子
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1967年
ISBN:9784772100052
評価スコア 4.24
評価ランキング 19,286
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く
  • 当たり前だけど、みんなに心がある

    • サラミさん
    • 20代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子3歳

    娘が「これ読みたい」といって図書館で見つけてきた絵本です。
    ふーん...?と思って見てみたら、にしまきかやこさんの最初の絵本なんですね。やさしい暖色系の色使いに寒色がところどころにちりばめられて、まるでお菓子のような挿絵がかわいらしいです。
    新鮮だなと感じるのは、大きなものから小さなものへと主体がクローズアップされていくところ。「あこちゃん」のぬいぐるみの「ぴょん」の目になってる「あかいボタン」。ボタンの冒険が軸となっているお話なのはいうまでもないことですが、心があるのはボタンだけではない、悲しかったり寂しかったりという気持ちでそれぞれボタンの帰りを待っている、独立した脇役達がいる、というのは子供にとってもすごく心に響くのではないかなと思います。
    ストーリーそのものにも、1ページごとに独立した展開があり、無理に前ページに続けようとか、次のページへの布石というような説明的なページがないことも目をひきます。
    やさしく、どこかせつなさもあるこのお話、娘はすごく気にいったらしく何度も何度も読んでとせがんできました。ひとりでこの絵本をとりだして、うろ憶えのストーリーを声にだして読んでいる後姿も見ました。とっても素敵なお話です、ぜひたくさんのひとに読んでもらいたいです。

    投稿日:2004/06/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ボタンのくに」のみんなの声を見る

「ボタンのくに」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / だるまさんが / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.24)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット