虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
りおらんらんさん 40代・ママ

表情がみえる
虫の写真絵本です。 虫って表情がみえ…

三びきのコブタのほんとうの話」 わにぼうさんの声

三びきのコブタのほんとうの話 作:ジョン・シェスカ
絵:レイン・スミス
訳:いくしま さちこ
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1991年11月13日
ISBN:9784001106121
評価スコア 4.27
評価ランキング 17,361
みんなの声 総数 44
  • この絵本のレビューを書く
  • う〜ん

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、男の子4歳

    三匹のこぶたの悪いオオカミって、
    ホントに悪いやつなの?っていう視点の話で
    オオカミのウルフ氏が言い分を話して聞かせてくれます。

    なぜ、こぶたの家に行ったか。

    なぜ、家を吹き飛ばしたのか。

    う〜ん、どうでしょう。

    わかるよ、物事は片方だけから見ないで
    お互いの言い分をそれぞれに聞いてみなくちゃいけないよってのは。

    オオカミ側からの主張は、確かに「へぇ〜」です。
    悪く言われてるけど、それなりの理由ってもんがありました。

    しかしね、ちょっとコブタさんたち。
    口が悪すぎなんですよね。

    こんなに怖い顔で口の悪いコブタさんたちは・・・。

    次男は「あ、オオカミさんじいちゃんになってる!」と
    全然違うところに気がつく始末。

    あんまり、楽しいとか面白い!という話ではなくて
    ブラックジョーク的なお話でした。

    投稿日:2011/06/27

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「三びきのコブタのほんとうの話」のみんなの声を見る

「三びきのコブタのほんとうの話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おいしいぼうし / あっ、ひっかかった / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『まなべる おかねとしゃかい』監修:あんびるえつこさん、Z会編集:七五三恭世さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット