虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
りおらんらんさん 40代・ママ

表情がみえる
虫の写真絵本です。 虫って表情がみえ…

ゆうかんなアイリーン」 ランタナさんの声

ゆうかんなアイリーン 作・絵:ウィリアム・スタイグ
訳:おがわ えつこ
出版社:らんか社
本体価格:\1,500+税
発行日:1998年
ISBN:9784915632327
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,972
みんなの声 総数 29
「ゆうかんなアイリーン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 吹雪の中を突き進むアイリーンから目が離せません

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    アイリーンは、しっかり者の女の子。
    ある雪の日、病気のお母さんの代わりに、お母さんが縫い上げたドレスの届けに出かけます。
    けれど・・・

    次々とアイリーンを襲う災難に、途中で読むのがつらいほどでしたが、
    逆境に負けじと、吹雪の中を突き進むアイリーンから、もう目が離せませんでした。
    ドレスが見つかったときには、息子は心底ホッとした様子で息をつき、
    私の方も、アイリーンの言葉を読むとき、うっかり泣いてしまいそうでした。

    自分が大好きな人がいて、またその人が自分を大好きでいてくれるという、
    絶対的な信頼感みたいなものが、
    小さな女の子に、こんな強さを与えてくれるのですね。
    また、最後の一文が極上で親子でニコッ。
    「ウチだって、そうだよ。」

    母としては、つい
    「お母さん、こんないい子を吹雪の夜に出しちゃだめでしょ」
    と思ってしまうのですが、
    それを差し引いても、冬にぴったりの読み応えのある作品で、
    小学生位のお子さんやお母さんにおすすめです。

    投稿日:2012/03/07

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ゆうかんなアイリーン」のみんなの声を見る

「ゆうかんなアイリーン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おおきなかぶ / めっきらもっきらどおんどん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

全ページためしよみ
年齢別絵本セット