まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

さんぽのしるし」 こりえ♪さんの声

さんぽのしるし 作・絵:五味 太郎
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1989年02月01日
ISBN:9784834008234
評価スコア 4.4
評価ランキング 10,579
みんなの声 総数 46
  • この絵本のレビューを書く
  • いっしょ、いっしょー!

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    野原に立つ「しるし」
    それは簡単に言ってしまえば、道路標識のようなもの。
    でもうさぎさんはそのしるしの意味を後から知ることが多くて、見ていると笑ってしまいます。

    「なんのしるしだ?」
    娘に聞いてもちょっと分からない様子でしたが、比べてみると分かるようでした。
    階段出てきてからまた前のページに戻ってしるしを確認し「いっしょ、いっしょー」
    橋が出てきてからまた前のページに戻ってしるしを確認し「いっしょ、いっしょー」
    行ったりきたりで忙しかったです。笑

    投稿日:2009/02/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「さんぽのしるし」のみんなの声を見る

「さんぽのしるし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『まなべる おかねとしゃかい』監修:あんびるえつこさん、Z会編集:七五三恭世さんインタビュー

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット