まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

七ふくじんとおしょうがつ」 ガーリャさんの声

七ふくじんとおしょうがつ 作:山末 やすえ
絵:伊東美貴
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年10月
ISBN:9784774604954
評価スコア 4.48
評価ランキング 8,773
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く
  • 七福神の名前と顔が一致した!

    少し前に、日系のスーパーで買った人形焼に描かれていた七福神を食べて以来(!)、「これは何の神様?」と、七福神に興味を持ち始めた娘のために、図書館で見つけた本です。人形焼の絵を見たときには、布袋様や恵比寿様くらいしか即座に答えられなかったのですが、この本の見返しには、それぞれの神様の大きな絵と丁寧な解説がかかれているので、教えるほうとしても大いに助かり、勉強にもなりました。
    アメリカで生まれ育った娘には、お正月の様々な風習や行事の由来など、知らないことばかりで、最初は少し内容を理解するのに難しかったかな?という印象を受けましが、お話の構成がおもしろく、繰り返し読むうちに、どんどん楽しさも増していったように思います。特に、初詣に出かけたけんとくんが、振袖姿のさやちゃんに、ちょっと恥ずかしそうに新年のあいさつをする場面がおもしろかったようです。他にも、おせち料理のそれぞれのおめでたい意味を学びながら、「ごぼうは、どれ?」と探したり、凧屋の店頭につる下げられたやっこだこをみて、「この凧がほしい!」と叫んだりしていました。それから、大黒様を指して、「この神様は、お料理をする人なの?」と聞く娘。そういわれてみれば、帽子の形がちょっとコックさんに似ています!

    投稿日:2008/11/20

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「七ふくじんとおしょうがつ」のみんなの声を見る

「七ふくじんとおしょうがつ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

うずらちゃんのかくれんぼ / どうぞのいす / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット