なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

くわずにょうぼう」 ガーリャさんの声

くわずにょうぼう 再話:稲田 和子
絵:赤羽 末吉
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1980年07月
ISBN:9784834007893
評価スコア 4.75
評価ランキング 742
みんなの声 総数 50
  • この絵本のレビューを書く
  • 鬼婆も母親

    娘は、この絵本を「おばけの本」と呼んでいます。それくらいおにばばの顔が恐ろしい!迫力満点の絵です。にもかかわらず、その日のうちに5回も読んだほど、このお話に引き込まれた様子。やっぱり昔話のおもしろさは、格別ですよね。
    鬼婆の頭がぱかっと開いて、大きな口が現れ、おにぎりを次から次へと食べてしまうシーンで、娘は、「お口で食べてないのに、食べちゃったの?」と、不思議がり、最後に鬼婆がよもぎの茂みで転び、よもぎの汁がついて死んでしまう場面では、「人間も、毒のおつゆがつくと、死んじゃうの?」と聞きながら、鬼婆のこともかわいそうに思ったようでした。
    そして、「子どもに会える?」と、悲しそうな声で聞くのです。鬼婆にも子どもがいて、その子どもに食べさせてやろうと、欲張り男をたらいに入れて持ってきたのですものね。動物も人間も、子を思う気持ちは同じですよね。たとえそれが鬼婆であっても。そのことを、4歳の子どもが感じ取って、鬼婆が亡くなり、子どもに会えなくなるのはかわいそうだ、と思ったことに、胸がジーンとなりました。
    子どもにとっては、ショッキングな終わり方かもしれませんが、昔話には残酷な結末も意外に多く、それをまた、このお話のように、「おにばばは、しんだ。とっぴんしゃん。」と、さらりと語ってしまうんですね。なので、私も、読むときには、そのままさらっと流すようにしています。
    海外で子どもを育てていればなおのこと、このように物語もしっかりしていてく、芸術的にも優れている日本の昔話を、たくさん読んであげたいな、という思いを強くしました。

    投稿日:2008/07/19

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「くわずにょうぼう」のみんなの声を見る

「くわずにょうぼう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

全ページためしよみ
年齢別絵本セット