もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

くわずにょうぼう」 さみはさみさんの声

くわずにょうぼう 再話:稲田 和子
絵:赤羽 末吉
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1980年07月
ISBN:9784834007893
評価スコア 4.75
評価ランキング 743
みんなの声 総数 50
  • この絵本のレビューを書く
  • 怖いですね〜

    その昔、年の離れた弟が持っていて、よく読んでやって絵本です。懐かしくて図書館で借りてきました。

    弟に読んでやっていたころは私はそこそこ大きい子供でしたので、「へ〜、小さな子ってこういうの、信じるんだ〜」くらいに思っていたのですが、今見ると、結構怖くて、はらはらさせられる話ですね。私自身、もっと小さい時に読んでいればよかったのかも。

    息子は頭から口が見えている絵を見て、ぎょっとしていました。「こわ〜い」と途中から聞いていませんでした。

    少し前に、ロシアの昔話の『マーシャと白い鳥』という絵本を読んだのですが、一生懸命逃げ帰る時にあちこちで身を守ってもらうところがよく似ています。どこの国にもあるお話のパターンなんでしょうかね。

    普段外国の絵本の翻訳ばかり読んでいるので、こんな日本の絵本ももっと読もうと思いました。

    投稿日:2010/08/19

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「くわずにょうぼう」のみんなの声を見る

「くわずにょうぼう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


『まなべる おかねとしゃかい』監修:あんびるえつこさん、Z会編集:七五三恭世さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット