わたしたちのえほん わたしたちのえほん
文: 南谷 佳世 絵: 大畑 いくの  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
交錯する二つの物語。あなたにとっての「わたしたちのえほん」はなんですか?

ふうせんねこ」 空色のかわうそさんの声

ふうせんねこ 作・絵:せな けいこ
出版社:福音館書店
本体価格:\700+税
発行日:1972年12月
ISBN:9784834003734
評価スコア 4.22
評価ランキング 19,449
みんなの声 総数 129
  • この絵本のレビューを書く
  • ぷー、という繰り返しで
    ねこがどんどんふうせんのようにふくらんで
    空へ飛んで行ってしまい、
    最後は暗い画面でおかあさんねこが呼んでいる・・・
    え、それで終わってしまうの?!
    と衝撃的でした。

    ぷーの繰り返しは好きで、息子もなんども
    自分でめくってはぷーぷー一緒に読みます。

    せなけいこさんの本ってどこかしらブラックな感じが
    漂っているものが多いのですが、
    これは救いようのない感じです。

    息子も、おわりの「かあさんやねでよんでいる」では
    不思議そうな顔をしています。
    私はなんだか、ふうせんねこが可哀想で・・・。
    ぷーぷーばかり言ってると、お空へとんでっちゃうよ、
    とは言いたくないですね。

    本を閉じて嫌がるわけではないので、
    読みっぱなしにはしています。

    投稿日:2011/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ふうせんねこ」のみんなの声を見る

「ふうせんねこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / うずらちゃんのかくれんぼ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

全ページためしよみ
年齢別絵本セット