まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

十二支のおはなし」 てぃんくてぃんくさんの声

十二支のおはなし 作:内田 麟太郎
絵:山本 孝
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年11月
ISBN:9784265034819
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,937
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く
  • 一般的な干支話

    一般的に語られている十二支発祥の話です。
    わかりやすくシンプルでいながらおもしろく、やっぱりこのシリーズは行事絵本として揃えたいなぁ。
    娘、ラストで一言。
    「ウソはいかんな」
    子どものウソについて決して厳しくは取り締まっていないはずなのですが、こういうところはすかさず反応する娘です。そういう年頃なのかしら。
    辰年は、『まゆとりゅう』の龍と重なり、喜んでいました。

    欲を言うならば、すべての干支に同じぐらいの文章を割いて欲しかったな。

    投稿日:2007/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「十二支のおはなし」のみんなの声を見る

「十二支のおはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おこだでませんように / もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『まなべる おかねとしゃかい』監修:あんびるえつこさん、Z会編集:七五三恭世さんインタビュー

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット