虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
りおらんらんさん 40代・ママ

表情がみえる
虫の写真絵本です。 虫って表情がみえ…

リサ ジャングルへいく」 えっこさんの声

リサ ジャングルへいく 作:アン・グットマン
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳:石津 ちひろ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年11月
ISBN:9784893092649
評価スコア 4
評価ランキング 22,614
みんなの声 総数 19
「リサ ジャングルへいく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • タイトルページの意味は・・・

    • えっこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子8歳、女の子3歳

    このガスパールとリサのシリーズは末娘のお気に入り。確かに、ガスパールとリサはかわいいし、はじめに友達になったお話はまあ、可もなく不可もない普通の絵本と思っていました。でも、中には、私にはなかなか理解できない(どこが面白いのかわからない、そもそも、面白い話なのか、教訓めいた話なのかもわからない)話が多く、これがフランス人のエスプリなのかしら、わからない!!と思っておりました。

    が、このリサのジャングル話は、リサのこれでもかこれでもかというホラ話をイラストと一緒に楽しむことができました。(これで私もフランス文化通!!)慣れとは恐ろしいものです。

    それにしても、この本。表紙はジャングルの絵でしたが、表紙をめくったタイトルページはなぜかプールからあがったばかりのリサの絵です。ジャングルにプールがあるの。いえいえ、それは最後の一歩前のお楽しみ。そして、裏表紙をめくったところにも、お楽しみの絵があります。

    投稿日:2004/02/03

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「リサ ジャングルへいく」のみんなの声を見る

「リサ ジャングルへいく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / うずらちゃんのかくれんぼ / からすのパンやさん / おやすみなさい おつきさま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(19人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット