宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

春さんのスケッチブック」 レイラさんの声

春さんのスケッチブック 作:依田逸夫
絵:藤本 四郎
出版社:汐文社
本体価格:\1,400+税
発行日:2008年11月
ISBN:9784811384962
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,603
みんなの声 総数 4
「春さんのスケッチブック」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 戦没画学生慰霊美術館と運鈍根

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    読書感想文全国コンクール小学校高学年の部課題図書。
    ジュニアライブラリー「戦争と平和」シリーズの1冊です。
    戦没画学生慰霊美術館「無言館」について子ども達に知ってほしいと
    創作された作品ですが、
    主人公の悩みと交錯し、とても共感できるストーリーでした。
    主人公のツヨシは中学受験に失敗し、悶々とした日々を過ごしています。
    当然両親とも衝突して、家出をした先は、祖母の姉の春おばさんの家。
    そこで春おばさんの思い出話を聞くうちに、
    自分の運についても考え始めるのです。
    思春期の入り口の子ども達の微妙な心理がリアリティがありました。
    同時に、両親や、旅の途中で出会ったおじさんなど、
    子育て世代の大人が読んでも共感できるポイントがありました。
    無言館の様子もよくわかり、訪れてみたい、と思いました。
    「運鈍根」という言葉ははじめて聞きましたが、妙に納得できますね。
    子ども達がこれから様々な壁にぶつかる前に、読んでほしい作品だと思いました。

    投稿日:2009/06/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「春さんのスケッチブック」のみんなの声を見る

「春さんのスケッチブック」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


子どもが喜ぶ「うんち」がいっぱい!世界20ヵ国以上で翻訳の絵本

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット