貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

14ひきのおつきみ」 ラムネ色さんの声

14ひきのおつきみ 作・絵:いわむら かずお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1988年06月
ISBN:9784494006830
評価スコア 4.81
評価ランキング 227
みんなの声 総数 141
  • この絵本のレビューを書く
  • お月見の夜を満喫できます

    おうちのある、おおきな木の上から見たところから、おはなしがはじまっています。
    くんちゃがかごに乘って、どんどん登ってきます。
    上にいたのは、さっちゃんとごうくん。そこからもっともっと登ってゆきます。
    あれえ、こんなところでアマガエルさんがひるね。
    とっても高いところに作ったのはひろ〜いお月見台。
    夕焼けが終わって夜になって、みんなが集合。
    担いで登った、すすきとたくさんのお供えもの。
    まんまるお月様の光を浴びている14ひきの家族を見ていると
    みんな元気でよかったねとしみじみ思ってしまいます。
    いつもながらすばらしい絵です。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「14ひきのおつきみ」のみんなの声を見る

「14ひきのおつきみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

14ひきのぴくにっく / 14ひきのせんたく / からすのパンやさん / しょうぼうじどうしゃじぷた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダおやこたいそう
    パンダおやこたいそうの試し読みができます!
    パンダおやこたいそう
     出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
    「おやこたいそう はじまるよ!」親子いっしょに、からだを動かしながら、からだもこころも豊かに!


あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

みんなの声(141人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット