宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぶたのたね」 そらいろのワンピースさんの声

ぶたのたね 作:佐々木 マキ
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1989年10月
ISBN:9784871101127
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,268
みんなの声 総数 176
  • この絵本のレビューを書く
  • こんどこそ!

    私のお気に入りの絵本には
    オオカミが出てくることが多いのですが、
    この本のおおかみはこれまでと全然違います。

    はしるのがとても遅くて
    遊んでいるぶたにも逃げられ、追いつけません。
    一度もぶたを食べたことがないおおかみは
    きつねはかせにもらった「ぶたのたね」をまきます。

    ぶたの木にまるまる太ったぶたさんが
    鈴なりになっているのを見てわくわく。
    事件がおきてしまって・・・またもや逃げられ・・・。

    「こんどこそ!」とたねに薬をかけるおおかみを
    なんだか応援したくなっちゃいます!

    投稿日:2014/09/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぶたのたね」のみんなの声を見る

「ぶたのたね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / 14ひきのあさごはん / もりのなか / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

全ページためしよみ
年齢別絵本セット