ゆうくんの くまパジャマ ゆうくんの くまパジャマ ゆうくんの くまパジャマの試し読みができます!
作: カザ敬子 絵: 中谷 靖彦  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
おやすみ絵本の新定番

宮沢賢治の絵本 ツェねずみ」 ねんねこしゃんさんの声

宮沢賢治の絵本 ツェねずみ 作:宮沢 賢治
絵:石井 聖岳
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年10月
ISBN:9784895881203
評価スコア 4.41
評価ランキング 8,693
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く
  • ねずみとりさんが好きです 受賞レビュー

    意地の悪いねずみの話です。

    ツェねずみは誰かに親切にしてもらっても、何か災難があるとすぐ相手のせいにします。
    まぁそれだけ災難がふりかかると疑い深くもなるでしょうが、それじゃ周りに嫌われても仕方ないですよね。
    自分は弱い弱いと開き直って、威張ってるんですもの…
    もう誰も、ツェねずみを相手にしませんでした。

    ところが、そんな嫌われ者のツェねずみと仲良くなりたい者がいました。

    ねずみとりです。

    しかもこのねずみとりは、人間よりもねずみの味方なのです。
    そこがおもしろいですね。
    きっとねずみとりもみんなに嫌われていたから、誰かと仲良くなりたかったんだろうなぁ…

    ねずみにとって憎むべき存在のねずみとりを、ツェねずみはあっさりと信じます。
    今までもそう、最初は全く疑わないんですよね。

    お馬鹿なのか…根は純粋って事なのか…

    そもそも自分の行動に責任を持っていたら、こんな風にはならないですよね。
    自分の意思がないから、周りに左右される。
    だから相手のせいにするんですね。

    「ねずみ」と「ねずみとり」
    結末はやはり、こうなる運命だったのですね。
    少し可哀想だけど、ねずみとりに捕まるにはぴったりのねずみだと思ってしまいました。

    ツェねずみはきっと誰かに親切にした事がないから、もう誰も神様も救いようがなかったんですね

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「宮沢賢治の絵本 ツェねずみ」のみんなの声を見る

「宮沢賢治の絵本 ツェねずみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

宮沢賢治の絵本 気のいい火山弾 / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / だるまさんが / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



入園・入学・進級のお祝いに、ギフトしかけ絵本

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット