ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!

だじゃれ日本一周」 いわなべ仙吉さんの声

だじゃれ日本一周 作:長谷川 義史
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年12月
ISBN:9784652040850
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,268
みんなの声 総数 78
「だじゃれ日本一周」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • だじゃれ日本一

    『だじゃれ日本一周』を取り出し、久しぶりに読んでみました。

    5年前のある日、ある時、
    寝床の中で息子と読んだ思い出の絵本です。

    今でもこれはすごいなあと、思っただじゃれ、
    「おかずはなんどす」
    「きょうとうふ(京都府)」

    脱帽でした。

    県名でのだじゃれは、子供時分、誰が言ったか、
    時々、流行したものです。

    「すべって転んで大分県」や
    「鉄砲かついで鳥取県」……などなど。

    作者、長谷川義史さんのだじゃれは、
    都道府県まで含めていたり、

    絵本用に見開きで、
    ひとつの話題を提供しつつ、だじゃれを綴っているのです。

    先ほどの、
    「きょうとうふ」の反対ページでは、
    湯豆腐でめがねを曇らせた男の人のつぶやきです。

    「めがねがくもって、よくみえけん(三重県)」ときます。

    長谷川さんのとぼけた絵と、
    練りにねられただじゃれが一体となって、
    『だじゃれ日本一』と言いたい絵本です。

    この絵本を一緒に読んだ息子、
    今は、だじゃれの大好きな中学三年生です。

    掲載日:2015/11/10

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「だじゃれ日本一周」のみんなの声を見る

「だじゃれ日本一周」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが / あおくんときいろちゃん / としょかんライオン / チリとチリリ / ななちゃんのおかたづけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お子さんと一緒に物語が楽しめる『音のでるえほん』

全ページためしよみ
年齢別絵本セット