くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

けがをした恐竜 化石が語るティラノサウルスの話」 ホワイトチョコさんの声

けがをした恐竜 化石が語るティラノサウルスの話 作・絵:黒川みつひろ
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2010年02月
ISBN:9784772101981
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,816
みんなの声 総数 8
「けがをした恐竜 化石が語るティラノサウルスの話」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 実話かもしれませんね

    戦隊ものの番組に恐竜がでるようになってから
    恐竜に興味を持ち始めた息子(単純です!)
    さっそく図書館で借りてきました。

    骨折を完治した痕のある化石ってすごいですね!
    まずそこに感動してしまいました。
    化石ってそんなことまで分かるんですね〜
    親子でスゴイネ!と共感しあいました。

    化石の話から親子愛の話しへと移っていくので
    難しい展開もなく5歳の息子でもしっかり理解できました。

    この絵本を読んでから、化石発掘に興味を持ったらしく
    行く先々で化石を探すようになり(笑)
    木の根っこを見ては「恐竜の足の化石だ!」と叫んでいます。
    一度本物の化石を見せにいかなくては・・・

    掲載日:2013/03/07

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「けがをした恐竜 化石が語るティラノサウルスの話」のみんなの声を見る

「けがをした恐竜 化石が語るティラノサウルスの話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / どうぞのいす / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / うずらちゃんのかくれんぼ / バムとケロのそらのたび / バムとケロのにちようび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



主役は、はたらく車。たのしい刺激がつまったしかけ絵本

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット