猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上 猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上
作: 橋本 愛理 絵: 月戸  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
ドラマ&映画版「猫忍」の主人公である陽炎太(かげろうた)の幼少期を描く、スピンオフノベライズ作品!

ばあちゃんのおなか」 なぜか?まま〜んさんの声

ばあちゃんのおなか 作:かさい まり
絵:よしながこうたく
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784774611761
評価スコア 4.21
評価ランキング 17,117
みんなの声 総数 13
「ばあちゃんのおなか」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 私のための絵本

    迫力満点、豪快なばあちゃんと、6歳くらいの男の子とのたのしい時間を、季節を感じながら読みました。よしながこうたく氏の絵が、迫力がありながらもとてもあたたかい。
    夏に海で一緒に遊んだばあちゃんが、秋に入院し、雪が降るころにはいなくなりました。
    ばあちゃんのぽんぽこぽんなおなかと、おおきな顔のおおきな笑顔が、
    心にぐっときました。

    私は母を病気で亡くしました。このばあちゃんと同じように、豪快でいつも笑顔でちょっとふっくらしてました。でも、このばあちゃんと違って、最後は苦しそうに逝きました。この本を読みながら、母とばあちゃんが重なり、涙が出てきました。そして、孫のことを本当にかわいがった母なので、体は苦しかったかもしれないけど、最後を看取ってやれたことをよろこんでいたんだろうな・・・と思いました。

    子どもに読もうと思って購入しましたが、私のための一冊になりました。最近読み聞かせしてやらなくなった子どもたちにも、読んでやろうと思います。

    掲載日:2010/10/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ばあちゃんのおなか」のみんなの声を見る

「ばあちゃんのおなか」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おこだでませんように / いいから いいから3 / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



国際アンデルセン賞受賞記念 スペシャル対談 角野栄子さん×金柿秀幸

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.21)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット