くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

新装版 ぱたぱたしかけ みにくいあひるのこ」 ジョージ大好きさんの声

新装版 ぱたぱたしかけ みにくいあひるのこ 絵:とりごえ まり
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\580+税
発行日:2010年11月
ISBN:9784052033605
評価スコア 3.5
評価ランキング 33,855
みんなの声 総数 1
「新装版 ぱたぱたしかけ みにくいあひるのこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • しかけ絵本です。

    みにくいあひるの子の絵をみて

    色が違う子という呼び方をしていました。

    他のあひるに意地悪なことを言われ、ひとりぼっちに

    なっている絵を見て、子どもなりに何か感じたようです。

    可哀そうだというのが、絵本って伝わるんですね。

    やがてアヒルの子がステキなはくちょうになっていきますが、

    そこで「ん?さっきの色が違う子はどこに行った?」と

    ページをもどしながら探していました。

    成長した=大きくなったということは理解できても、

    色が変わっていること(実は別の鳥だった)は理解できていないようで、

    どれがさっきの子なんだ?と不思議に思ったみたいです。

    そこはあとでママが付け加えて説明しましたが

    もしかしたが、まだ少し難しいお話だったかもしれません。

    掲載日:2012/11/06

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「新装版 ぱたぱたしかけ みにくいあひるのこ」のみんなの声を見る

「新装版 ぱたぱたしかけ みにくいあひるのこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



独特の造形と色彩の世界観を楽しんで!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット