なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
えほんのまわりさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

ロボット・カミイ」 ガーリャさんの声

ロボット・カミイ 作:古田 足日
絵:堀内 誠一
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1970年03月
ISBN:9784834002287
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,131
みんなの声 総数 54
  • この絵本のレビューを書く
  • カミイのその後

     長い長いお話。最後まで読むのに、50分かかりました。でも、休憩を挟まず、一気に読みきりました。

     カミイは、子どもそのものですね。「こんな子いる、いる。」「うちの子にも、こんなところがある。」と、みんなが感じることと思います。どんなにいたずらでも、わがままでも、泣き虫でも、憎めない。それが子どもなんですよね。カミイといっしょに泣いたり、怒ったりしながら、成長していく周りの子どもたちもまたかわいいな、と思えます。

     娘は、カミイが「生き返った」瞬間、本当に目をくるくるさせて喜んでいました。そして、「こうてつせいのピッカピッカ」のからだになって、同じくピッカピッカのちびゾウにまたがり、ロボットの国へ帰っていったカミイを見て、
     「カミイは、帰ってくる? Visitやる?(時々訪ねてくる?)」と聞いた後に、「ぞうの足跡がついてるから大丈夫だよ。ぞうのうんちもしてあるから、大丈夫だよ。ここを通ってきたんだな、ってすぐわかるよ。カミイが戻ってくる頃には、木も生えてると思う。(ぞうのうんちに含まれている木の実の種が芽を出し、成長して)・・・でも、ロボットようちえんのみんなもいっしょに連れて来るから、遅れてくると思うよ。」と、想像力をいっぱいに働かせながら、カミイのその後についても話してくれました。

    掲載日:2009/09/11

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ロボット・カミイ」のみんなの声を見る

「ロボット・カミイ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / エルマーのぼうけん / もし、あなをずっとほってくとちきゅうのうらにでられるの? / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いろんな場所へ旅する楽しい乗り物のしかけ絵本

みんなの声(54人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット