話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん(白泉社)

「子どもの権利」をイラストでやさしく学べる絵本

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ

ちいさなうさこちゃん」 夏の雨さんの声

ちいさなうさこちゃん 文・絵:ディック・ブルーナ
訳:いしい ももこ
出版社:福音館書店
税込価格:\880
発行日:1964年06月
ISBN:9784834000269
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,816
みんなの声 総数 138
  • この絵本のレビューを書く
  •  世の中には有名なウサギがたんといます。
     『不思議な国のアリス』に出てくる白うさぎやビアトリクス・ポターの児童書に登場するピーターラビットなどは中でも有名。
     彼らに負けないくらい有名なのが、もしかしたらディック・ブルーナのこの絵本に出てくる
     「ちいさいうさこちゃん」かもしれません。
     このうさぎの絵がついたお弁当箱やお道具入れを持っていた子どもたちもたくさんいたのではないでしょうか。

     この絵本を描いたディック・ブルーナさんが2017年2月17日に亡くなられました。
     89歳でした。
     ブルーナさんはオランダのデザイナーで絵本作家です。
     もちろんオランダだけでなく世界中の子どもたちに愛された絵本作家ですが、日本でもブルーナさんが描いたうさこちゃんやミッフイーは知らない人がいないのではないでしょうか。
     ブルーナさんの絵の素晴らしさはなんといってもぱっと目をひく色です。
     これは「ブルーナカラー」と呼ばれているそうで、赤や黄色、緑、青といった色が鮮やかに使われています。
     それと造形の線。うさこちゃんを見ればわかるように、とてもシンプルだけど、強い線といえると思います。
     この色と線が、赤ちゃんからも愛される魅力ではないでしょうか。

     この絵本の奧付を読むと、1964年6月発行とあります。そして、2010年に改版されています。
     つまりこの絵本が日本で刊行されてから半世紀以上経ちます。
     それでも今も読み継がれているのですから、すごいというしかありません。
     そして、ブルーナさんにこう言いたい。
     ありがとう、ブルーナさん。

    投稿日:2017/02/26

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ちいさなうさこちゃん」のみんなの声を見る

「ちいさなうさこちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / くっついた / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(138人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット