ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
レビューコンテスト、スタートしました!

うんちしたのはだれよ!」 すみぃさんの声

うんちしたのはだれよ! 作:ヴェルナー・ホルツヴァルト
絵:ヴォルフ・エールブルッフ
訳:関口 裕昭
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1993年11月
ISBN:9784039611307
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,893
みんなの声 総数 203
  • この絵本のレビューを書く
  • 子どもの科学の第一歩

    • すみぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳

    いきなりうんちはないんじゃない? お下品ねえなんて思わないでください。
    こどもにとって自分(つまり人間)以外の生き物のうんちを知ることって科学の第一歩と私は考えています。
    んで、とにかく一度読んでみて! 面白いから! 訳が良くできてるんだろうけど、テンポもよくてすごく楽しめる。
    このテーマでこれだけのストーリー考えつくか?って感心しちゃう。
    お話は楽しいし、子どもは大喜びするし、しかも科学のお勉強もできちゃう。 もう一石二鳥どころか三鳥にも四鳥にもなる絵本です。
    主人公がもぐらなんですけど、これはかなり計算されているなあと感じますね。もぐらを見る機会ってまずないですよね、大きさとかがわかりづらい動物の一つでしょう。この本読めば、あーこんなに小さい動物なんだなって子どももわかる。
    とにかく全てのページに科学が満載! 動物のうんちの形状のみならず、色んなこと(例えば動物の大きさのバランスとか)を学べる絵本です。
    チョーおすすめ。

    掲載日:2002/04/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「うんちしたのはだれよ!」のみんなの声を見る

「うんちしたのはだれよ!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ぜったいたべないからね / おかあちゃんが つくったる / くもかいじゅう / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『まるさんかくぞう』『いっこさんこ』 <br>及川賢治さん(100%ORANGE)

全ページためしよみ
年齢別絵本セット