貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

もじゃらんこ」 レイラさんの声

もじゃらんこ 作:きしだ えりこ
絵:ふるやかずほ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:2011年01月
ISBN:9784834026122
評価スコア 4
評価ランキング 19,952
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く
  • わからん わからん

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    乳児親子向けおはなし会用にセレクト。
    3匹の毛虫たちが主人公。
    「もじゃらんこ」だの「もじゃ もじゃ じゃら じゃら」だの言いながら
    葉っぱに隠れたりして、進んでいくだけのストーリー。
    まさしく、台詞の「わからん わからん」です。
    でも、さすが詩人でもある岸田衿子さんの文章です。
    とてもリズミカルで、妙に面白みのある響きです。
    葉っぱのシーンも、一種のかくれんぼなのですが、
    実にドラマティックなのです。
    自然に読み手も実況中継っぽく読んでしまいます。
    毛虫の造形も、毛虫らしくもあり、デフォルメでもあり、文章テイストそのままです。
    赤ちゃんのツボにはまりそうです。

    掲載日:2013/05/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「もじゃらんこ」のみんなの声を見る

「もじゃらんこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / からすのパンやさん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会

みんなの声(14人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット