くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

これなんてよむ?」 にぎりすしさんの声

これなんてよむ? 作・絵:砂山 恵美子
出版社:ポトス出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年12月
ISBN:9784901979276
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,385
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く
  • 植物の漢字  えっ? これなんてよむのかな〜?
    昔の人が考えた漢字  意味が込められているのですね
    この本のいいところは ちゃんと 説明もあって わかりやすいところです

    たんぽぽ 読みにくいのもあって・・・  

    どこかで見かけてるのもあるんですが   
    つつじは 漢字も難しくて どうしてこんな漢字が生まれたか不思議です
    大人でもなかなか 難しいのに 子ども達にちょっと 聞いてみようかな?

    身近なのはしっているかな?

    動物の漢字は学童の子ども達とクイズ形式で楽しみました

    掲載日:2015/09/27

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「これなんてよむ?」のみんなの声を見る

「これなんてよむ?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐら / からすのパンやさん / なにをたべてきたの? / うんちしたのはだれよ! / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



フリフリえほん たかいよしかずさん&編集者・清水剛さん インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット