宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぐう・ちょき・ぱあ 第2版」 えっこさんの声

ぐう・ちょき・ぱあ 第2版 作:おおむら ゆうこ たさき きょうこ
出版社:JULA出版局
本体価格:\700+税
発行日:2004年
ISBN:9784882840367
評価スコア 4
評価ランキング 22,537
みんなの声 総数 2
「ぐう・ちょき・ぱあ 第2版」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 私も行ってみたいな雲の上

    • えっこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳

    ななちゃんとくまちゃんが、ぐう・ちょき・ぱあ(このあたりではグリコといってます)をしながら、雲の階段を上って雲の上に来てしまいます。そして、くもの出来方を見学するのです。

    くもの工場のくもづくりの様子が、夢があってすてきでした。最近きれいな夕焼け雲を見た娘は、ピンクの夕焼け雲に興味を持って見ていました。

    地上に帰った二人が見た物は、雲の上で自分たちがつくった雲がそらに浮かんでいる姿でした。夢のあるお話です。

    投稿日:2004/08/27

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぐう・ちょき・ぱあ 第2版」のみんなの声を見る

「ぐう・ちょき・ぱあ 第2版」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット