たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ぼくたちのいちょうの木」 MYHOUSEさんの声

ぼくたちのいちょうの木 作:清水道尾
絵:福田 岩緒
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年
ISBN:9784494008902
評価スコア 4.25
評価ランキング 15,904
みんなの声 総数 3
「ぼくたちのいちょうの木」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 幼稚園にそびえたつ大きなイチョウの木。お母さんを病気でなくしたしんやは、色々なことをそのイチョウの木に話します。まるで、何でも聞いてくれるお母さんのような存在の木です。

    そのイチョウの木が、周りの家に迷惑をかけているという理由で切られることになります。どうにかしてそれを止めようとする子どもたちでしたが・・・

    大人の都合で切り倒される大イチョウの木。
    大人にとってはどうってことはないと思えることでも、子どもには身を切られるほどつらいことだってあるのです。

    どうしようもない思いを誰にもぶつけられず、砂場で頭からめちゃくちゃに砂をかぶるしんや・・・その気持ちが痛いほど伝わってきます。

    切り株から水が染み出しているのも、大人が見れば単に「勢いのある木だから」なのですが、子どもたちにはそれが泣いているように見えます。

    大きな心の拠り所を失ったしんやでしたが、おばあちゃんから命は親から子へ鎖のようにつながっていくことを教えてもらい、ぎんなんからイチョウの木を育てる決意をします。大きくなったらお母さんの故郷の山へ植え替えるつもりだと言います。

    命あるものはいつかは消えてしまうけど、またそこから新しい命が生まれる・・・大イチョウを通して、しんやがお母さんの分までたくましく生きようと思ったのではないかと思いました。

    お話の途中、イチョウの木に灯がともされる場面は、懐かしいモチモチの木の話を思い出し、その幻想的な美しさに見とれてしまいました。

    切ない気持ちと同時に、読んだ後に温かい気持ちにさせられる1冊です。

    投稿日:2013/11/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくたちのいちょうの木」のみんなの声を見る

「ぼくたちのいちょうの木」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ぐりとぐら / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お子さんやお孫さんと話をしながら読みたい、心やすらぐ絵本

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット