貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

あいつもともだち」 にぎりすしさんの声

あいつもともだち 作:内田 麟太郎
絵:降矢 なな
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2004年10月
ISBN:9784032321500
評価スコア 4.82
評価ランキング 171
みんなの声 総数 82
  • この絵本のレビューを書く
  • きつねは 優しい友達思いだね 

    おれたち ともだち!シリーズを 見つけて読んでみたくてワクワク

    あいつも ともだち

    くまや ヤマネは冬眠します、キツネは へびがにがて ながーい からだに だきつかれた とき、ぞぞぞーっとして。

    お互いの気持ちが すれ違い 寄り添えません・・・・きつねは「きみも げんきでね」と声をかけてあげたくても できなかったので 気になて おおかみさんとスキーしていても 年賀状を書いていても 「へびさん ごめんね」 素直な気持ちになれないのです

    分かります 苦手な人は どうしても素直になれないことが 私にもよくあって 悩んだことがあるからです。

    そんなときは 夢にでてくるんです  不思議ですね!

    どうしてでしょうね?

    へびさんは 冬眠中に 「だれも  いないのー」
    淋しい夢みたへびさん(かわいそうになります・・・・)
     
    でも 優しいキツネさんとオオカミさんが へびさんを ともだととして 大事にしてあげて よかった

    へびさんは うれしくて 歌を歌うの(なかなかゆかいなうたです)

     それはそれは 嬉しかったのでしょうね!
     
    子供たちも 仲間はずれは 悲しいけれども 仲良くしてもらえば 嬉しいもの!

      このお話は 子供にも 大人にも 同じように 大切な事です!

    良い気持ちの絵本でした!  

    掲載日:2010/04/12

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「あいつもともだち」のみんなの声を見る

「あいつもともだち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おおきなおおきなおいも / ありがとうともだち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ミキハウスの宮沢賢治シリーズ、新刊発売記念

みんなの声(82人)

絵本の評価(4.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット