しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

名前をうばわれたなかまたち」 ヒラP21さんの声

名前をうばわれたなかまたち 著:ホセ・アントニオ・タシエス 横湯園子
出版社:さ・え・ら書房
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年05月
ISBN:9784378041292
評価スコア 4
評価ランキング 23,429
みんなの声 総数 1
「名前をうばわれたなかまたち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 最後のシーンに救われました

    表紙に描かれたのは顔のない少年。
    名前も奪われた少年。
    いじめを受けている心理でしょうか。
    見ていてつらくなる絵本です。
    勉強ができるから無視され、口答えをしないから無視され…。
    で、ガールフレンドができたら邪魔され、シャワーを浴びていたら服を放り投げられ…。
    ゲームのようないじめ。
    時折顔を出すのに、またリンゴになってしまう。
    自分は「リンゴ」だと思ったのでしょうか?
    鏡に映った姿が「ナシ」に見えたとき、耐えていた自分の日常が壊れてしまいました。
    アパートの階段を最上階まで昇って行った少年。
    最上階のシーンはまさに飛び降り自殺!!
    最後のシーンで少年は少年に戻りました。
    自分は鳥ではないことを思い出したのです。
    作者のタシエスは読者に感謝して終わります。
    そして読者からの言葉を期待しています。
    「あなたの本当の名前は?」
    少年は自分の名前を返してほしいのです。

    これは、絵本です。
    これは、物語です。
    自分が身近にこのような少年がいたら、タシエスが期待している読者になれるでしょうか?
    大人向けかもしれないけれど、この少年の痛みを伝えるのは大人の役割でしょう。
    子どもたちに伝われば良いと思いました。

    掲載日:2011/07/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「名前をうばわれたなかまたち」のみんなの声を見る

「名前をうばわれたなかまたち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



読み聞かせに最適!見た人に幸せが舞い込むななめねこ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット