ねがえり ごろん ねがえり ごろん ねがえり ごろんの試し読みができます!
作: 斉藤 洋 絵: ミスミヨシコ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ねがえり、できたかな?

本当の学力をつける本 」 Tamiさんの声

本当の学力をつける本  著:陰山 英男
出版社:文藝春秋
本体価格:\533+税
発行日:2009年04月
ISBN:9784167753702
評価スコア 4
評価ランキング 22,888
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • たいへん参考になりました!

    100マス計算で有名な陰山英男先生は、元山口県の田舎の公立小学校の先生。
    隂山先生の卒業生の2割が難関大学や医学部に合格しているんだそうです。
    前半は学校向けで、どういった授業をしたかが具体的にわかります。
    こんな熱心な先生に当たることは到底ない話なので、
    ここで参考になるのは、学年ごと、教科ごとの指導目標です。
    6年生では、繰り下がりのある計算が必要な、あまりのある割り算100問を5分以内で解くとか、
    百人一首を何種か暗唱できるとか、
    そういった具体的な内容が示されています。
    この指導目標はそのまま家庭で応用できます。

    後半は家庭向け。
    テレビをたくさん見るのはよくないというけれど、なぜなのか。
    例えば毎日2時間テレビを見ると年間で、730時間。
    小学校の授業数は、年間708時間なんだそうです。
    学校で勉強する時間より、テレビの視聴時間のが長くなる。
    1日2時間でも、年間で考えると、730時間とはなんと膨大なこと。
    家庭でできることは、概ねほかの育児書などにあることも多いけれど、
    それでも教育熱心な学校の先生の視点、参考になりました。

    掲載日:2017/05/19

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「本当の学力をつける本 」のみんなの声を見る

「本当の学力をつける本 」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


主人公「ドーム」が自分のことばで語り伝える物語絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット