レモンちゃん  レモンちゃん  レモンちゃん  の試し読みができます!
作・絵: さとう めぐみ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
レ、レ、レ、レモン、モン♪ ステキな おともだち できるかな〜♪

すずめのおくりもの」 汐見台3丁目さんの声

すずめのおくりもの 作:安房 直子
絵:菊池 恭子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1993年
ISBN:9784061978355
評価スコア 4.78
評価ランキング 469
みんなの声 総数 8
「すずめのおくりもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • その重箱を見せて欲しいなぁ!

    図書館で1年生にお薦めコーナーに並んでいるこの本の題名を見て、昔話かな?というのが
    最初の印象でしたが、いえいえ!現代の話でした。と言っても、すずめが今では見かける
    ことがあまりなくなってきているので、正式には一昔前くらいの話かな?!

    とても素敵な話でした。
    息子も、主人公の豆腐屋さんが、毎月十日(とうか)だけがお休みと書いてあるところで、
    「トウカってな〜に?」と聞いてきました。馬鹿な息子ですみません。
    でも、普通はちょっと厚めの本だと面倒くさそうな顔をするのに、出だしから興味を覚えて
    いるのが分りました。

    豆腐屋さんとすずめ達のやりとりが面白いらしく、聞き入っていて、
    「25わって言ってたのに、全部で13こで1こあまる...」とすっかり楽しんでいる様子
    でした。

    ドキドキ・わくわく感ではないけれど、最後まで、読んでいてあたたかい気持ちが持続して
    とても素敵な話でした。途中に、これって余計じゃない?って思うような中だるみが全く
    ありませんでした。

    私自身は、すずめたちが持って来てくれた重箱を是非、一度見てみたなぁ! が感想です。

    厚みがありますが、字がとても大きくて、必ず見開きに1つ挿絵がかいてあるタイプの本
    なので、絵本から幼年童話へ移行の時期に適した本です。

    本当は、息子の学校での読み聞かせで読んであげたい本ですが、1年生の持ち時間は
    一人5分。この本は、どんな早く読んでも10分はかかるので、読めないのがとても
    残念です。

    是非是非、読んでみてください。楽しいお話です。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「すずめのおくりもの」のみんなの声を見る

「すずめのおくりもの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / ぐりとぐら / からすのパンやさん / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / だるまさんが / わたしのワンピース / おつきさまこんばんは / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


道端にいるカエルが、実はカエルをやめたがっていたら…?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット