たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

きみがしらないひみつの三人」 アダム&デヴさんの声

きみがしらないひみつの三人 作・絵:ヘルメ・ハイネ
訳:天沼 春樹
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年03月
ISBN:9784198618445
評価スコア 4.89
評価ランキング 15
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く
  • 「ぞうのさんすう」を手にしたことがあります。
    同じ作家さんなのですね。
    2004年初版ということは、ロングセラーですね。

    きみが生まれた日、三人のともだちがやってきて、きみのからだのなかで
    はたらきはじめた・・・・・・。

    このように語りかけるような、散文詩的形式でお話は続きます。
    三人のともだちは、アタマはかせ(頭)・ハートおばさん(心)・いぶくろおじさん(体)は、それぞれの持ち場で、人間の成長あるいは一生に寄り添い助けてくれているというのです。

    この作品が、人間が死を迎えるまでを描いていることから、対象となる読者層を広げているのだと思います。
    「ぞうのさんすう」もそうでしたが、生まれ老い死んでいく事をきちんと描き切っていることが、ハイネさんの考え方なのだなと納得します。

    人生の最後に、いぶくろおじさんは・・・、アタマはかせは・・・、ハートおばさんはきみが蒔いた愛の種を育ててくれる。きみが残した愛を集めて、・・・・・・。
    このエンディングが、厳しい生と死の現実を優しく包んでくれているように思います。
    そして、こういう現実だからこそ、命はみな尊いのだということが、読者の心に深く伝わってきます。

    高学年を対象に読んでみたいと思いました。

    掲載日:2015/07/25

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「きみがしらないひみつの三人」のみんなの声を見る

「きみがしらないひみつの三人」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / くれよんのくろくん / 3びきのかわいいオオカミ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ととちゃんみーつけた』『ころりんタイヤくん』 新井洋行さんインタビュー

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.89)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット