猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上 猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上
作: 橋本 愛理 絵: 月戸  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
ドラマ&映画版「猫忍」の主人公である陽炎太(かげろうた)の幼少期を描く、スピンオフノベライズ作品!

ひるねのね」 アダム&デヴさんの声

ひるねのね 作・絵:あべ 弘士
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年10月
ISBN:9784591125953
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,807
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く
  • ゾウの質量感が良いですね〜

     牙がむき出しな事や、背中の凹んでいるところからアフリカゾウでしょうかね。
     お話は、ゾウのかぞくが朝ごはんに出かけるところから始まります。
     ゾウは、雌を中心とした群れを単位として生活しているそうで、こちらの群れもおかあさん・おばあちゃん・おばさんと女性の中に赤ちゃんゾウが混じっています。
     この群れの行進の様子が、ゾロゾロ トコトコ ヨチヨチ ノシノシと表現されていてとてもリズミカル。
     特に、あべ先生の描かれるゾウの質量感が良いですね〜。
     ホント、大きいんだなぁ〜って伝わってきます。
     途中立ち止まり、木の葉っぱを食べ、また歩き草のご飯を食べ、また歩きお水を飲み、と歩を進めながら食事をして行きます。
     赤ちゃんの食事の様子も可愛らしい。
     そして、ラストは、・・・。

     動物の世界も赤ちゃんは大切に守られ育てられている事がよ〜く解りました。

    掲載日:2011/12/07

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ひるねのね」のみんなの声を見る

「ひるねのね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / うずらちゃんのかくれんぼ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



映画『ゆずりは』試写会レポート

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット