キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

どこいったん」 ゆりわんちゃんさんの声

どこいったん 作:ジョン・クラッセン
訳:長谷川 義史
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,700+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784861011993
評価スコア 4.31
評価ランキング 13,884
みんなの声 総数 74
  • この絵本のレビューを書く
  • こ、怖い!!

    図書館から借りてきて、9歳と4歳の娘たちと読みました。

    『ちがうねん』が予想以上にドキドキし、親子でキャ〜!となったのですが、
    この『どこいったん』の方がはるかに怖くてびっくりしました。

    大事な帽子をなくしてしまったくま。
    いろんな仲間に聞いて探しますが、見つかりません。
    でも・・・・・・、・・・・・・あっ!!!

    関西弁でゆるい雰囲気だっただけに、
    緊迫の赤いページになった時が怖かったです。
    くまのおしりにつぶされた草を見て、みんなハッとしました。

    うさぎの行方については、
    4歳の次女「逃げてったのかな?」
    9歳の長女「ま、まさか・・・・・・。」
    と言っていましたが、真実はいかに・・・。

    子供たちに、結末はどうなのか解説などはしませんでしたが、
    なかなか恐ろしい結末だったので、私の中では大人向け・・・かな。

    個人的には、子供たち(幼稚園児くらいから)に読んであげるなら
    『ちがうねん』の方が柔らかくていいかな、と思います。
    小学校高学年くらいのお子さんたちなら、『どこいったん』の方がおもしろいかもしれませんね。

    長谷川さんの訳がすばらしいな〜と思いました。

    掲載日:2014/02/11

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「どこいったん」のみんなの声を見る

「どこいったん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『たぬきがのったら へんしんでんしゃ』 <br>田中友佳子さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット